ゲームで多用されるドラゴン、その理由って?

公開日:  最終更新日:2015/12/14

今やモバイルゲームのメインプラットホームになった感のあるスマホですが、いったい幾つの
スマホゲームがあるのでしょうか。調べていないので分かりませんが海外の物まで含めれば
数千、もしかしたら一万以上あるのかもしれません。

選択肢がたくさんあるのは全く選べないよりはいいかもしれませんが、あればあるほど迷って
しまうのでいいことばかりではないようです。
たくさんある中から自分の好みや興味に合わせてゲームを選ぶわけですが、ゲームの名前を
見ていて気づいたことがあります。それは「ドラゴン~」「~ドラゴン」のように名前に「ドラゴン」と
付くゲームが多いことです。

例えば「ドラゴンポーカー」「ドラゴンイーター」「クロノドラゴン」「城とドラゴン」「ドラゴンシューター」
ですが、中には「ファイナルクエストドラゴンファンタジーレジェンド」のようなすごく長い名前の
ゲームもあります。
また、名前にはなくてもゲームにドラゴンが登場する物も含めればゲームとドラゴンの結びつきは
もっと強い物であることが分かります。スマホゲームに限らず「ドラゴンクエスト」「ドラゴンスレイヤー」
などゲームとドラゴンの関係は早くからありました。何故こんなにゲームにはドラゴンが登場する
のでしょう。

ゲームも商品ですから名前は重要です。名前が表すイメージが商品を選ぶときの判断材料の
一つになるからです。カードバトルゲームを探している人が「ドラゴンポーカー」の名前を見れば
ドラゴンのキャラクターが描かれたカードを使い、ポーカーのように役を作って進行するゲーム
だと何となくイメージできます。実際にはイメージどおりではなかったとしてもドラゴンポーカーに
興味を持つきっかけにはなったわけです。

ゲームにはアクションやRPG、パズルなどジャンルを問わず対戦形式のものが多いですが、戦いの
雰囲気を高める要素として必要な「強さ」や「神秘的」といったイメージを持っていることがドラゴンが
ゲームで多用されている理由かもしれません。
ドラゴンポーカー以外のゲームではきっとまた違う理由が見えてくるでしょう。そしてドラゴンが登場
するゲームはこれからも登場し続けるに違いありません。

PAGE TOP ↑